Amazon

ハートのアイコン スポンサーサイト 

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | edit | スポンサードリンク |

ハートのアイコン 去年おととしの収入は 

お金のことはぜんぜんわからないし、差し出がましいんですが。

今年は、去年ほどじゃないだろうけど、デロイトのツアーに出ているのでその分の収入があるんじゃないかと思うんですよ。SOIにばっちり出演したのもこの2年ほどだし。それまでは出たくても全米があって春先にならないとでられなかったと思うし。

http://images.businessweek.com/slideshows/20110124/power-100-2011/slides/83

Evan Lysacek
Power 100 rank: 82
Rank last year: Unranked
Sport: Figure Skating
Age: 25
Most recent notable achievement: 2010 Figure Skating Olympic Gold Medal
Earnings: $2.5 million
Key sponsors: FlexJet, Coca-Cola, AT&T, Vera Wang

Why he's on the list: One of the golden boys from the 2010 Olympics, Evan Lysacek has had a busy schedule since Vancouver. He worked with sponsors and charities much of the year and also found time to be the runner-up in ABC's Dancing with the Stars.


2億円の中に含まれていると思うけど、DWTSやSOIでもらった分かな。ちょっとよくわからなかったんですけど

http://mintcream.moo.jp//keywords/04-20-2010%20-%20From%20Olympic%20gold%20to%20celebrity%20green%20for%20Lysacek%20-%20STLtoday_com.htm

Lysacek will earn some $300,000 with Stars on Ice, according to people familiar with skating tour deals. "Dancing With The Stars" could bring Lysacek another $350,000 if he makes the final two, given the $365,000 that Olympic champion gymnast Shawn Johnson's contract called for when she won "DWTS" in May 2009, according to documents posted on TMZ.com.

It adds up to enough that Lysacek, who owns a four-bedroom house in Las Vegas and rents a house in Hollywood, plans to buy a $269,000 Aston Martin DBS -- whenever he can find the time to shop for it.



この他にもたくさん仕事したわけだから。迷惑をかけるほど遅刻したり、キャンセルして困らせたという話はほとんど聞かなかった。

http://minc.tumblr.com/archive


それでも、競技を続ければ、また持ち出しだろうし。今までかかったお金や、ライバル煽りなどで傷ついた尊厳や、犠牲にしてきたプライベートを考えると、きびしいなと思う。

でも、だから、尊敬しているので。よくがんばったと思って。いままでのことだけでも。充分すぎるほどの働きだったので。


関連エントリー

http://mintcream.jugem.jp/?eid=3385

| ABOUT RETURN TO COMPETITION | 19:23 | - | edit | Mint Cream |

ハートのアイコン 連盟が申告した各選手の収入の額か 

要約を書いてくれた人がいました。すーごい。m(_ _)m

実際の稼ぎではなく連盟から支払われた額だそう(じゃクワンさんどれだけ儲けたのか。クワンさんが桁違いに破格だったことが伝わってきますが)。

エヴァンさんが吹っ掛けたというより、いくら貧乏でも今まで連盟がピンはねしすぎでしょ!というのはわかったけど、これはこれでチャンピオンとしての面目がorz


いや、それこそ、ライサ、他にもたくさん仕事してるから。

男子は自力で勝手にしろって感じでしょうか。

評価すべきものの基準が納得できない。

だから応援してたんだから。

素晴らしい人なんだと。いつかわかってもらえるはずだとずーっと思ってて。

でも、もうわかったから無理しなくていいよ。誰がなんと言おうと私にはわかる。毎日悔し泣きするほど素晴らしい選手だったんだから。

あ、ハーシュさん、とりあえず、ありがとう。調べるの大変だったね。

記事によるとキャンプに出なかったことでただでさえ少ない強化費減らされちゃったんだって。FOIに出てくれたことで迷惑かけちゃったみたい。ごめんね。ショーでは「仙台」という言葉まで使って東北を励ましてくれてましたよ。


日本人の私が見てもあんな立派な選手はいないよ。なぜわからないんだろう。

そうですね。CAAがいくら請求したかわからないとわかりませんけど、今までは明らかにおかしかったってのはわかった。最盛期の女子が受け取った金額を考えれば、多少余分に請求したっていいじゃないかってことか。

強化費しかもらってなかったなら今回初めて交渉したわけだからIMGならうまくいったとも言い切れないですね。
| ABOUT RETURN TO COMPETITION | 22:35 | - | edit | Mint Cream |

ハートのアイコン ハーシュさんの金銭問題のについて補足記事 

The bottom line: Lysacek, U.S. Skating both losing in dispute between them - chicagotribune.com



各スケーターの具体的な報奨金額や、実際の所得みたいなのが書いてあるんでしょうか。解読できなかったんだけど、あとでゆっくり読んでみます。どうかな。読んでわかるかどうかわからないし、興味もっていいのかもわかりませんけど。

DWTSに出て芸能タレント扱いになってしまって、新エージェントと連盟との間でもめてるけど、今までに年強化費以外はライサに渡していなかったのは、いくらなんでも可哀想という感じでしょうか。今までにもタレント級の選手がいるということで、そうした選手に連盟が実績に応じて出していた給料と、それとは別に選手が自力で総合的に稼いだ所得なのかな。クワンさんはものすごく稼いだけど、それはチャンピオンシップ以外のコンペだったり、当時のフィギュアスケートブームがあればこそだったってことか。

どっちにしても、今、連盟からもらおうとしても、売り上げがあるわけじゃないので、平行線にならざる得ないので互いにとって不毛だろうってことでしょうか。今後を考えるならなおさら。


要するに今、連盟が貧(ry なだけだと思うんだが(ry

それをなくして語れない。


ハーシュさん、この前のNBCのやりとりを見ていて、ライサを気遣うようなツイートしてくれてたんですよね。それにIMGの人が返答していて、なんか変だったんですけど。

でも、だいたいの人は、この話は女子のオリンピック出場年齢制限の理由を含めて、前から知ってることがらだし。こうした問題で選手が引退に追い込まれたり、円満退職に見せてるけど事情があるんだろうなぁ、戻ってほしくても無理かも知れないと考えられているゆえんなんだろうな。

もちろん、エヴァンさんが素晴らしいのは確かなんだけど、いかんともしがたいから、気持ちだけでもと「RISE」に登場させてみたり、USNatsの表彰式で来賓扱いだったりGalaで滑ってもらったり、いろいろやってくれてたんじゃないかと。

記事では、新しいエージェントに替えた理由は、LAに拠点を置くエージェントにしたかったとか。IMGはNYCだったので、なににつけ東海岸で打ち合わせたり大変だったかも知れないですね。もちろんそれだけじゃなかったんじゃないかと憶測していることはこの前書きましたけど。


この記事とは関係ないですが、続きはまた激しく憶測なので、読んでもいいよというかたは「続きを読む」をクリックしてみてください。
READ MORE...
| ABOUT RETURN TO COMPETITION | 00:43 | - | edit | Mint Cream |

ハートのアイコン NBCの放送でのやりとり 

ちょっと、これ、昨日書いて非公開にしていたエントリーで、今日になって読み直したらこんなに深刻なことかな?とも思って。でも、昨日は昨日の考えとしてエントリーしとくかと思います(上から目線で申し訳ないです)。

ファンフォーラムにNBCでの、今回のエヴァンさんの欠場に対するコメンテーターのやりとりを書き起こしてくれていたそうです。それを前提にしてます。

今回の一件、スコット・ハミルトンさんがあまりいい顔をしていなかったという感じに受け取れました。

そりゃ、今回はともかく、今後SOIの交渉などにも影響が出るから、エヴァンには今まで通りやってほしいとは思うのも当然じゃないかな。普通に考えて。ハミルトンさんが創設するプロコンペも微妙ですね。これじゃ。


スタジオに呼んで話を聞きたかったけど断られたというような話?でしょうか。ハミルトンさんでさえ把握していなかったのかと。

ちょっと、こうなると、かなり法外な値段をふっかけたみたいに見えるので、どうにかできないのかな。そうじゃないなら、きちんと釈明してほしいんですよ。

なんだか誰にも相談していないようだし、コーチすら全容がわからない感じが伝わってきて、このままじゃ競技復帰どころか、ファンも含めて業界全体から不信に思われてもしかたないと思う。

続きは本音を書きますので不快に思われるかもしれません。許容できそうなかたは「つづきを読む」をクリックして自己責任にてお読みください。苦情は承りかねます。
READ MORE...
| ABOUT RETURN TO COMPETITION | 17:00 | - | edit | Mint Cream |

ハートのアイコン ハーシュさんの記事 

概要だけ。自分にわかる程度なので、ぜんぜん間違ってるかも知れません。


ハーシュによる夏以来のインタビュー。2014年のオリンピックを目指すつもりで、スケートアメリカには出るかどうかわからないが、全米には出たいことを提示した。

トレーニングはうまくいっていて進捗状態(進み具合)には満足しています。こんなふうに練習できることはうれしいです。

究極の目標はソチオリンピックで、それはずっと遠く先の事じゃなく、自分たちが思っているよりも早く来るはずであることは、わかっているつもりです。

フィギュアスケートは、注目度の高いスポーツです。1年くらい前には準備が必要なので、いつパフォーマンスのピークを持って行ったらいいか考えて用意できたらいいなと希望しています。

スケートアメリカに出るかどうかは言えません。

ウェブサイト上のチケットの販促宣伝のバナーに彼の写真が出ていたにもかかわらず。

それは大袈裟でした。期待を裏切りたくなかったので、自分が言ったことはといえば、トレーニングをはじめたということと、それがうまくいけばいいな、といことくらいで、それが全てでした。その時点で自分が説明できるのはそれだけだったけれど、連盟はそれをいかようにも解釈して好きなように使えるので…。全米には出たいと思っています。じゃなかったら、過去4ヶ月なんのためにトレーニングに費やしたかわからないし努力が無駄になってしまいます(元も子もないので)。

彼はバンクーバー以降試合に出場していない。体重が増え筋肉の量は減ってしまった。

本格的にトレーニングに戻ってからは体重は減ったけれど、筋肉の量は回復しないままだ。

長年やってきた振り付け師のローリー・ニコルと共に編集したプログラムの曲名について明かすつもりはない。

ソチにに出場すれば彼にとって3度目のオリンピックになるだろう。2006年のオリンピックで彼は一つのジャンプをミスし、金メダルにはおよばず4位だった。

今シーズン試合に出るなら、少なくともフリープログラムに一つクワドを入れる予定だ。なぜなら2010年のバンクーバーオリンピックでは、ロシアのライバルであり2006年(トリノ)オリンピックチャンピオンのプルシェンコによって、クワドを入れなかった彼のパフォーマンスをけなされたので。

彼は、新採点の利点に最適化したプログラムをクリーンに行なうことでプルシェンコを破った。

ネ−パービルで育ちNeuqua Valley高校出身の彼は、金曜日の夜、U.S. Olympic Committee(アメリカオリンピック委員会)の夕食会に招かれ、スポーツマンオブザイヤーを受賞するためにコロラドスプリングスにやって来た。

USOCの年次総会で賞を受けるにあたり、彼は「ソチオリンピックを見据えています(目標を定めました)」と宣言した。

再び競技にそなえるための決定における重要なポイントは負けることに対する恐怖を乗り越えることだった。

それは多くのスケーターがカムバックの際に感じる恐怖です、と彼は言った。

(ここからは以前のインタビューと重なるのでその時の回想かも知れないですけど)

みんながこの競技を、それが最後の試合同然みたいに思っているのは、かなり変です。フットボールプレイヤーや、テニスの選手が大会の後すぐに辞めてしまうことなんてないのに。

っていうようなことだと思うんですけど、違ったらすみません。

オリンピックは4年に一回ですからね。

あと、筋肉の量の件はどういうわけなのかなと思います。SOIにも出ていたし。ただ、忙しくて移動が多いとそうなっちゃうのかなと思わなくもないんですよね。

定期的に睡眠や休息をとってトレーニングによってちぎれた筋を回復させるのも筋肉の発達に欠かせないという最新の研究もあるみたいなので。その繰り返しによって筋肉が作られると読んだことがある。

筋肉がついたからといってクワドを跳びやすいかどうかは別だと思うので、所詮素人の考えですけど。

このシカゴトリビューンのハーシュさんの記事では、主にスケートアメリカに出るかどうかは言っていないということと、全米に出ますということが詳しいかなと思います。

全米に出たいとやたらはっきり言っているのでエリックも少しあやしいのかな?(笑)

他の記事は「ライサ、ソチオリンピックを目指す宣言」というような感じで、バンクーバーでのプルシェンコ選手との確執を書いた記事がちらほら出ていて、FSUでもちょっと議論になっているようでしたが、エヴァンさんも少し記者の(今回はハーシュさん以外の記者の)煽りに乗ってみたかなという印象でした。ほんとうにそういう言い方だったかどうか疑問ですが。

ライバル選手についての記述があるとどうしても、内容について誤解があるといけないので、エントリーに書きづらいということもあります。

連盟のサイトのことは連盟がちょっとかわいそうかなとも思ってしまった(とりあえず出場申請していたみたいだったし)。「待ってるよ〜」的な歓迎ムードも感じたので。出なかったからといって失望者多数出るほどスケアメのお客さん多くないと思うし。コアなファンはチケット半信半疑で獲ってると思うし。でもエヴァンさんの誠実さは伝わったかも。ステキハート

五輪を目標にします、ということは、何回か聞いているので、ファンにとってはあまり目新しいものではないんですが、今回正式にUSOCの席で発表したので、応援しなければならないなと思いました。

夏以来初めてのインタビューということですが、前に、ファンフォーラムでファンの人が、復帰の決定が遅れたいきさつをオフレコみたいに伝えてくれていましたが、その件については、ハーシュさんが知っていたのか知らなかったのか、知っていて聞かなかったのか、編集でカットなのか。

足の状態がどの程度なのかということもわかりませんでしたが、トレーニングがある程度うまくいってる(しかし、スケアメに出られるかは今も断言できない)ということから類推できるかなとも思いますが、インタビュー以上のことはわかりません。

地の文と会話文が定かじゃなくて読みづらいかも知れないですけどなにぶんあれなので我慢してください。
| ABOUT RETURN TO COMPETITION | 10:43 | - | edit | Mint Cream |


 1/2PAGES >>

LATEST ENTRIES
SELECTED ENTRIES
LINKS
SEARCH
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PROFILE
OTHERS
MOBILE
qrcode
ARCHIVES
Team USA Tracker
Twitter
Furu2